廃業するサイバー犯罪マーケット、ユーザー達が次に向かう先は?

KELA脅威インテリジェンスアナリスト ヴィクトリア・キヴィレヴィッチ マーケティングコンテンツマネージャー シャロン・ビトン

サイバー犯罪社会かサーフェスウェブかにかかわらず、オンラインマーケットが廃業するというのはよくある出来事です。今、アンダーグラウンドのサイバー犯罪社会では、様々な理由によってマーケットが立て続けに閉鎖されており、閉鎖されたマーケットのユーザー達が、商品やサービスを売買できる次のマーケットを探し求めて活発な動きを見せています。KELAは、有名なカーディングマーケット「Joker’s Stash」が2021年2月15日をもって閉鎖するという重大発表を受け、様々なサイバー犯罪マーケットの閉鎖と、それらのマーケットを利用していたユーザー達が次にどこへ向かうのかについて理解を深めるべく、サイバー犯罪のアンダーグラウンドを調査しました。

今回の調査結果の重要なポイント:

  • Joker’s Stashが閉鎖されたことを受けて、同マーケットのユーザーを取り込もうとしている4つのマーケットを特定しました。それぞれのマーケットが打ち出す広告とユーザー達の反応を見たところ、Joker’s Stash のユーザー達はBrian’s ClubVclubYale LodgeUniCCを新たな活動の場に選ぶと考えられます。
  • 我々は、サイバー犯罪者達が一般社会のビジネスマンやマーケティング担当者と同じように、同業者の廃業に乗じて自らのサービスを宣伝し、そのユーザーを取り込もうとしている状況を観察しています。
  • Joker’s Stash の閉鎖を受けて新たなマーケットを探しているカード情報ベンダー達を取り込むために、マーケットの管理者達がベンダーに課すライセンス費用を無料にするというトレンドが生まれていることを発見しました。
  • IT・サイバーセキュリティを担当される皆様が脅威アクターらの信頼性を評価し、彼らの次の行動を予測して自らの組織をサイバー脅威から守るにあたり、まず脅威アクターらの動向と彼らのTTPを監視することが重要であると提言します。