サプライチェーンの弱点を特定します

サプライチェーンが攻撃ベクトルとして悪用されうるという不変のリスクが存在する今、ほぼすべての組織においてサプライチェーンに対する脅威が深刻な問題となっています。サプライチェーンの環にある小さな綻びが、最終的にお客様を危険にさらします。

詳細のお問い合わせ

情報収集の対象領域を拡大

攻撃者が真の標的とする組織に侵入したり、攻撃チャンスを探るべく調査を行う際、信頼されている第三者をその経路として利用するのがもはや常套手段となっています。しかしその一方で、サプライチェーン管理業務を担当されるチームの皆様は、ベンダー企業がどのようにデータを保存・保護しているかをはじめ、彼らのセキュリティ体制をまったく把握しておらず、把握している場合でも部分的な情報に限定されているというケースがほとんどです。またベンダー企業と契約を結ぶ際、バイヤーとなる組織の多くはベンダー企業に対し、認証システムを導入するよう契約書の中で明示していますが、契約書で定められた認証システムが絶対に確実かつ安全であるという保証はありません。またたとえ今は安全な手法であったとしても、またたく間に時代遅れとなる可能性をかかえています。ほとんどのサプライチェーンが数十または数百ものベンダー企業で構成されている今、すべてのベンダー企業の動向を手作業で管理することはもはや不可能といえるでしょう。

KELAのテクノロジーは、ベンダー企業と関連のあるデータ侵害やネットワークのリンク、ランサムウエア攻撃などの活動をダークウェブで監視します。KELAのお客様にはそれらの情報を活用することで、自社や自組織におけるバックドアリスクをより正確に把握していただけます。

真のリスクをベースにしたモニタリング&管理業務の実現

KELAの自動監視機能を活用して、お客様のアタックサーフェスやサプライチェーンにもたらされるリスクを予防的に監視していただけます。KELAのパワフルなインテリジェンスプラットフォームがご提供する知見を駆使して、ベンダー企業と関連のある脅威を監視し、高リスクと判断されたベンダー企業への対応について優先順位を設定していただけます。このようにサプライチェーンの脅威を的確に把握しておくことで、高リスクのベンダー企業に是正策の必要性を説明する、またはやむを得ない場合はそのベンダー企業とのビジネス関係を見直すといった対応に移ることが可能となります。